中小企業の社員育成と組織づくりを支援~ファクター・コンサルティング(幸本陽平事務所)

ビジネスや社員育成に役立つ情報をお届けします。原則火・金曜更新

伝わる話のカギは具体性

※夏休みおよび執筆活動などで約1ヶ月半ブログをお休みしていました。再開します。

突然ですが、以下の二つの文章のどちらがあなたに「伝わる」文章でしょうか?

A.「ああ、中華料理が食べたいなあ」

B.「ああ、駅前の幸本亭のエビチリが食べたいなあ」

もちろんAよりもBですね。

Aは中華料理というふんわりとした広いくくりです。

Bは「駅前の幸本亭のエビチリ」と限定されていることで、

「それでなければならない」感がすごく伝わってきます。

「なぜそれなの?」「そんなにおいしいの?」

と想像を掻き立てますよね。

話がわかりにくい、伝わらないという人はこの

「具体性」が欠けていることが多いものです。

きょう一日、「具体的に話す」意識で過ごしてみてはいかがでしょうか。

「コーヒーが飲みたい」ではなく、

「冷蔵庫に入っている豆で淹れたコーヒーを赤いマグカップに入れて、180ml飲みたい」

といったように。

具体的に話すことが「伝わる」話の第一歩です。

f:id:yoheikomoto:20180725111406j:plain