3つのシゴト基礎力とT思考で中小企業の社員育成を支援~FACTAA(幸本陽平事務所)

ビジネスや社員育成に役立つ情報をお届けします。原則火・金曜更新

数字に強い人は○○を見る

次のクイズを考えてください。

「あるコンサルタントが企業に『5億円の利益が増加する計画』を持ち込んだ。その計画は完璧かつ簡単で、確実に成果が出るであろうものだった。しかしその企業はその提案を断った。なぜ?」

いかがでしょうか。

そのコンサルタントが反社会的勢力だった…とか、5億円のうち4億円の取り分を要求した…等を考えたかもしれませんが(笑)、実際にはもっとシンプルです。

答え「その企業は毎年5千億円の利益が出ているので、5億円程度では検討に値しなかった」

5億円というのは大金です。しかし利益5千億円の企業にとっては、0.1%にすぎません。

0.1%ということは、年収5百万円の人にとっての5千円と同じ。

もしあなたが「私のコンサルを受ければ家計が5千円改善しますよ」と言われても、たったそれっぽっちだったら面倒くさいからいいよ、と思うのではないでしょうか。

このように、数字を見る際は「分母」が重要です。

「利益が前年比5倍!」

と言っても、前年の利益が1万円だったらそれはプラス4万円でしかありません。

数字が出てきたら「全体の母数はどれくらいなのか」を注意しましょう。