3つのシゴト基礎力とT思考で中小企業の社員育成を支援~FACTAA(幸本陽平事務所)

ビジネスや社員育成に役立つ情報をお届けします。原則火・金曜更新

減らすカイゼンより増やすカイゼンを

ある研修で

「ご自身や部署のカイゼン策を考えてみてください」

という課題を行ったときのことです。

そこで提案されたカイゼン策の9割以上は「削減策」でした。

たとえば、

・4人でやっていた業務を3人でやる。

・3日かかっていた業務を2日で行う。

・100万円かかっていた業務を80万円に収める。

といった具合に、です。

どうしてもみなさんカイゼンというと「減らす」方向、削減で考えてしまう傾向があるようです。

しかし、仕事というのは「インプットとアウトプットのバランス」が重要です。

だから削るばかりではなく、

「100万円かかっていた業務に1.2倍の予算、120万円かける。しかしその成果=アウトプットは1.5倍にする」

だって、立派な「カイゼン」です。

むしろ、削るだけのカイゼンでは、事業が成長したり発展したりする余地はありません。

「より良くしよう」と考えるとき、つい「ムダを削る」方向でばかり考えていませんか。

時間・人・お金といった資源をさらに投下し、投下した以上の成果を生み出す。

これが理想的なカイゼンです。