中小企業の社員育成と組織づくりを支援~ファクター・コンサルティング(幸本陽平事務所)

ビジネスや社員育成に役立つ情報をお届けします。原則火・金曜更新

人は損をしたくない

こんなクジがあるとします。

1)100%の確率で必ず90万円がもらえる。

2)90%の確率で100万円がもらえる。10%の確率でハズレ、つまり1円ももらえない。

さて、あなたはどちらを選ぶでしょうか。

このようなクジでは、ほとんどの人が1)を選ぶと言われています。

しかし、このクジの期待値は1)、2)いずれも「90万円」で同様です。

それにも関わらずほとんどの人が1)を選ぶのはなぜでしょうか。

 

人間には「損をしたくない」と考える思考のクセがあり、それは「得をしたい」よりも強いからです。

90%の確率で100万円となれば「ほぼ」もらえる上、90万円より10万円も多いのですが、10%のゼロ円は避けたい...と考え、1)の確実性を選ぶのだそうです。

私たちは何かを売るなど、人の意思を動かそうとするとき、「こんなにいいことがあるよ!」とメリット、得を提示しようとします。

それよりもむしろ「損をするとイヤだから、動かない」という人の方が多いものです。

何かを売りたい、自分の案を通したい、というときは、「これを採用することによって相手がかぶるかもしれない”損”はなんだろうか?」と考え、それをあらかじめつぶしておくことが有効です。