3つのシゴト基礎力とT思考で中小企業の社員育成を支援~FACTAA(幸本陽平事務所)

ビジネスや社員育成に役立つ情報をお届けします。原則火・金曜更新

物事には必ず良い面と悪い面の両方がある

私は以前、化粧品の仕事をしていました。

それもあり、ある雑誌の化粧品レビューを読んでいました。

その雑誌は、広告を入れず、本音で評価していることで評判の雑誌です。

化粧品の評価について、このような表現がたくさんありました。

「この商品はNG成分がたくさん含まれている、だから×」

具体的な成分名はこのブログでは避けますが、この雑誌の考える「NG成分」があり、それが含まれていると、評価を落としているようです。

この雑誌の本音で評価しようとする部分は好きなのですが、このような判断は少し疑問です。

化粧品メーカーは化粧品のプロなのですから、「明らかにNGの成分」「入れない方がよい原材料」を入れるはずがありません。

仮に何らかのデメリットがある成分だとしても、それを上回るメリットがあるから入れるわけです。日持ちするようになる、肌への感触が良くなる、など。

そういった点を無視して、これはNG成分であり入っているだけでマイナス、と決めつけたり、反対にこれは有効成分がたくさん入っているからプラス、とするのはどうかな、と感じました。

何事にもプラスとマイナスがあります。

そのマイナスだけを見て減点するのではなく、プラスの面も見る。

商品開発にしても、社員教育にしても、同様ではないでしょうか。