身近なニュースで学ぶマーケティング講座

世界一カンタンで効果が出る市場調査「5人聞き取り」を提供する幸本陽平が、身近なニュースでマーケティングを解説します。

マーケティングの本当のところを伝えたい

最近読んだ雑誌に、ユニークなカバンが紹介されていました。

それを製造した人が次のように答えていました。

私がこれを作って売ると、いろいろな人にこんなものは誰が買うんだ、絶対に売れない、と言われました。もっとマーケティングをしないといけない、と。

これを読んで、私はうーん...と思いました。

それはこのマーケティングの言葉の使い方です。

ああ、マーケティングという言葉はまだこんな風に理解されているのだな、と。

ここでいうマーケティングとはどんな意味でしょうか?

私が勝手に解釈してみました。(違ったらごめんなさい)

マーケティング=売れるものを作ること。何が売れるか調べること。消費者が何が欲しいかを考え、そこから商品を作ること。

どれも100%間違いとは言えないものの、私の定義するマーケティングとは微妙に異なります。

 

おそらく多くの人にとって、マーケティングという言葉に「迎合」というニュアンスを抱いているのではないでしょうか?妥協、折れる、と言ってもいいでしょう。

よくあるのがこういうフレーズです。

「ウチが成功した秘訣?ウチはマーケティングを一切していません。私が作りたいものを作っているんですよ」

この場合も、マーケティング「(その人が作りたいかどうかは別として)何が売れるか調べてから作ること」という意味で使われます。

そのため、ともするとマーケティング「消費者に尻尾を振って」「あざとい」「せこい」「いやらしい」というイメージを持つ人すらいるかもしれません。

 

前置きが長くなりましたが、私が定義するマーケティングはそうではありません。

「何が売れるか調べること」でもなければ、「消費者に迎合して売れそうな策に走ること」でもありません。

※だいたい、調べれば売れるんだったら、世の中のあらゆる商品が売れていますよね...

 

マーケティングとは、

「買う人も売る人も幸せになること」

です。そのための活動すべてがマーケティングです。

 

だから「消費者調査なんてしてないけど、これを欲しがる人は絶対にいる!これを買えばお客さんは幸せになる!!」と信念を持って製造販売するのなら、それもその人なりのマーケティングの一つです。

(もちろん、それで実際に買う人がいなければただの思いこみであり、「失敗」ではありますが...)

 

特に「調べること」「データを集めること」がマーケティングだと誤解されている例が多すぎます。

それらはあくまでもマーケティングの一部です。

 

iPhoneはデータを集めたから誕生したのでしょうか?

消費者調査を行い、それを元に商品を作れば、必ずヒットするのでしょうか?

 

違いますよね。

マーケティングのスタートは「どうやったら買う/使う人が幸せになるだろうか?」です。

そのために調査が必要ならすればいいし、必要ないと思うならしなければいい。それだけのことです。

 

マーケティング=売るテクニック」といった、間違った解釈を世の中からなくし、正しいマーケティングの意味と価値を伝えることが私の使命だ、と改めて思いを強くしました。

 

【宣伝】そのあたりの「マーケティングって何?」は私の著書に詳しく載っています!

www.amazon.co.jp