身近なニュースで学ぶマーケティング講座

世界一カンタンで効果が出る市場調査「5人聞き取り」を提供する幸本陽平が、身近なニュースでマーケティングを解説します。

偏ったネット情報よりも「5人に聞く」

私の「5人聞き取り」について、ある方からこんなことを言われたことがあります。

今はインターネット調査とかビッグデータとかも盛んですが、わざわざ5人に聞くっていうのは、その逆を狙ったんですか?

私としては「逆を狙った」わけではなく、この5人聞き取りという形式の調査が99%の企業に最適だと確信しているから選んだ、に過ぎません。

しかしそのようにおっしゃる気持ちもわかります。

インターネットにせよ、ビッグデータにせよ、様々な大量のデータが以前よりも簡単かつ安価に分析できるようになりました。

それなのにわざわざアナログに、買った人のところに話しを聞きにいくなんて、と。

しかし、考えてみてください。

イギリスのEU離脱はあれだけ世論調査で残留が予想されていたにも関わらず、離脱になりました。

記憶に新しいヒラリーVS.トランプの米大統領選挙も、事前の調査に反してトランプ氏が当選しました。

もはや大規模な調査は意味を持たないのです。

もっといえば、インターネット上の情報は信用ならないと言えるでしょう。

たとえば実際に、アメリカのFacebookでは、知識層はトランプ氏を批判的に書く人が多くいるものの、実際にはトランプ氏が支持を集めました。

また、Youtubeで人気の動画も、語弊を恐れずに言えば「時間はあるがお金はあまりない人」の方が見ている確率が高く、必ずしも万人に人気とは言えないでしょう。

だからこそ、本音はネットではなく、直接聞いて集めなければなりません。

ネット上ではウソは簡単につくことができますが、面と向かってウソをつくことはかなりのエネルギーを必要とします。罪悪感もあるでしょう。だからこそネットに出てこない本音を集められるのです。

お客様の「本音」を知りたい方は、ぜひ5人聞き取りをご検討ください。

 

広告を非表示にする