読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近なニュースで学ぶマーケティング講座

世界一カンタンで効果が出る市場調査「5人聞き取り」を提供する幸本陽平が、身近なニュースでマーケティングを解説します。

あなたのモノサシとお客様のモノサシ

あなたはカレー屋さんの前に来ました。

看板には「100時間煮込んだカレー」とあります。

それはおいしそうだ、と中に入り、注文します。

しかし、そのカレーはおいしくなかった…。

そこで店主に「どうです、ウチのカレーは100時間も煮込んで手間暇かかっているんですよ。すごいでしょう」と言われたらどう思うでしょう。

価値のモノサシは人によって違う

いや、いくら時間をかけても、おいしくなかったら意味がないよ!と思うのではないでしょうか。

これは極端な例としても、このように

「売る側の価値=ここがスゴい」

「買う側の価値=それは重要じゃない」

がズレていることはよくあります。

特に、売る側が自分たちの業界や経験に固有のことを、無意識のうちに「フツー」と思っていると、そのようなズレが起こります。

低価格=価値?

以前、スーパーマーケットで研修をしたときのことです。、「~では、『お花見』にぴったりな商品や企画を考えてください」と課題を出しました。

すると、ほとんどのグループが「1個400円のおつまみが、3個で1,000円になる」といった価格訴求の提案をしてきました。

お客様に喜ばれる=価格、という発想が染み付いてしまっているのでしょう。
(私の研修の是非については棚に上げます。)

これと同じように、自分のモノサシを無意識に別分野に当てはめてしまうと、価値を見誤ります。

かかった労力=価値?

たとえば常駐SEや派遣会社などとの契約は、支払う(支払われる)金額を「人数×時間」で計算します。

それをそのまま別業界に当てはめてしまうと、単純に「かかった手間」だけで金額を決めてしまい、冒頭のような「成果は出ていないけど、頭数はかかっているのだから高額」という判断をしてしまいがちです。

反対に、あなたがお金を払うときも、

「これにどれだけの時間を相手がかけてくれたか」

ではなく、

「これにどれだけの価値を私が感じるか」

で判断するべきでしょう。

「虫歯を3秒で抜くのにそんなに金がかかるのか?」

「では3時間かけて抜きましょうか」

というジョークがあるように、時間や労力ではなく、正しい「価値」で判断することが大切です。

(そしてお客様の本当の「価値」を知りたければ、5人聞き取りをどうぞ)

 

 

広告を非表示にする