読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近なニュースで学ぶマーケティング講座

世界一カンタンで効果が出る市場調査「5人聞き取り」を提供する幸本陽平が、身近なニュースでマーケティングを解説します。

「それって本当?」常に疑う姿勢を持つことは重要

育児に関する雑誌に、「専門家」の方のこんな意見が載っていました。(抜粋)

「(幼児にお金をどう学ばせるか、という質問に対して)お手伝いをしたらおこづかいをあげる、というやり方は日本の文化ではふさわしくないでしょう。」

私はこの意見に違和感を覚えました。

1)日本の文化とは?

この専門家が考える日本の文化、とは何なのでしょう。

確かに「子供に労働の対価にお金をあげる」という育て方は、日本は欧米よりは少ないような気がします。

アメリカではよく、小さい子供がレモネードを売っておこづかいを稼いたりする、といった場面が映画などにもありますよね。

では、そのような労働に対するおこづかい制が「日本の文化」に「ふさわしくない」のでしょうか?

この方は研究者であり、そのようなデータが何かあるのかもしれません。しかし「日本の文化」という抽象的な表現を使うと、

「それって、日本の文化ではなく、あなたの周囲の文化、もしくはあなたにとって『こうであってほしい』という文化なのでは?」

と考えてしまいます。

2)日本の文化とそれを取り入れるかどうかの判断は別では?

仮に百歩譲って、お手伝いにおこづかいを渡すのが「日本の文化」に「ふさわしくない」としましょう。

しかし、育児やしつけという問題を「文化」でくくってしまっていいのでしょうか?

「文化」はある意味便利で、ある意味危険な言葉です。

「この会社は、残業してもタイムカードに残さない文化だから」

「上の人の命令には黙って従うのが日本の文化だから」

などのように、悪しき風潮も「文化」になります。

大事なのは「日本の文化にふさわしいかどうか」ではなく「我が家にとって、我が子にとってふさわしいか」ではないでしょうか。

商売でも当たり前を疑う

これはあくまでも子育ての例ですが、商売にも同じことは当てはまります。

「◯◯するのがウチの業界の慣習だから」

「お客さんは××を買って、△△は買わないのが当たり前だから」

そんな風に決めつけていることはないでしょうか?

一見「当たり前の常識」に思えることこそ、「それって本当?」と考える姿勢はどんな商売でも重要です。