身近なニュースで学ぶマーケティング講座

世界一カンタンで効果が出る市場調査「5人聞き取り」を提供する幸本陽平が、身近なニュースでマーケティングを解説します。

【ウィスキー提供アプリ】から学ぶ ~ あえて有料で満足度を高める

月1,500円払うことで、毎日ウィスキー一杯が無料になるアプリだそうです。

HIDEOUT CLUB は(中略)ウイスキー好きの人向けのコミュニティアプリとして誕生。(中略)新規集客したいバーと、新しいバーを開拓したいユーザの間のギャップを埋めるサービスを提供している。

現在のユーザ数は12,000人ほど。ユーザは月額1,500円の定額を支払うことで、アプリに表示される渋谷・新宿・銀座などのバー80店舗の中から1日につき最初の1杯を無料で提供してもらうことができる。バーは新規来店したユーザが顧客台帳に登録されることでリターゲティングが可能になり、お酒を選んで提供可能な商品を選択登録することで、ユーザの検索に自店舗が表示されるようになる。

thebridge.jp

私はウィスキーは飲みません。しかし、以前にウィスキーの醸造に関するテレビ番組を見て、とても興味を持ちました。長い年月をかけて醸造し、その土地の風土がウィスキーに大きく影響を及ぼすため、様々な個性があるのだそうです。

世界には多くのウィスキーマニアがいて、日本にウィスキーを飲みにやって来る外国人も数多くいる、と聞いたこともあります。

しかしその奥深さは、かえって私のような初心者にはハードルになることもあります。

続きを読む

プレゼンテーションのよくある誤解

「う~ん、何でそんな風にしてしまうのだろう??」

私が研修などで受講生や社員のプレゼンテーションを受けるとき、よく感じることです。

続きを読む

技術よりも幸福を追求しよう

中国の無人スーパーについてのニュース記事が、マーケティングの本質を突いていました。

jbpress.ismedia.jp

以下、中国の記者と近隣住民との会話の引用です。

続きを読む

あなたの思いは伝わらなくて当たり前

ある広島の食品会社を支援したときのことです。

(以下、実例のため、名前などを公開できず内容が抽象的になることをご容赦ください)

その食品は割と高額の嗜好品で、かつ日持ちがするものでした。

現在は広島を中心に販売していますが、将来的には、東京などへの全国展開を考えていました。

私が指摘したのはその商品名です。

続きを読む

マーケティングの本当のところを伝えたい

最近読んだ雑誌に、ユニークなカバンが紹介されていました。

それを製造した人が次のように答えていました。

私がこれを作って売ると、いろいろな人にこんなものは誰が買うんだ、絶対に売れない、と言われました。もっとマーケティングをしないといけない、と。

これを読んで、私はうーん...と思いました。

それはこのマーケティングの言葉の使い方です。

ああ、マーケティングという言葉はまだこんな風に理解されているのだな、と。

続きを読む

【吉野家のヘルシー牛丼】から学ぶ ~ 顧客の真の要望を理解する

吉野家が、ヘルシーな牛丼を発売するそうです。

吉野家は、健康維持に効果があるとされる成分を加えた牛丼「サラシア牛丼」を全国の店舗で売り出した。店舗での調理の際に、東南アジアなどで糖尿病予防に使われる植物「サラシア」の成分を通常の牛丼の具材に混ぜるが、味は通常の牛丼とほとんど変わらない。糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を緩やかにするという。価格は通常の牛丼より100円高い税込み480円(並盛り)。

www.asahi.com

吉野家といえども、健康志向のトレンドに逆らうことはできません。

では、「ヘルシーな牛丼」を売れば何でもいいのか?というと、そうではありません。

続きを読む

【スターバックス リザーブ バー】から学ぶ ~ インナーブランディング

先日、スターバックスで1,231円のコーヒーを飲んできました。

書き間違いではありませんし、トッピングを山ほどした、というわけでもありません。

f:id:yoheikomoto:20170623162108j:plain

もしあなたがスターバックスの店員だったとしたら、

「普通のスターバックス

「1,231円のコーヒーを出しているスターバックス

のどちらで働いてみたいでしょうか?

今回はスターバックスから、従業員育成について考えてみましょう。

続きを読む